シェイプアップのための四六時中筋トレ!…それは逆に筋力低下!?効果的に筋肉嵩を繰り返す産物。

シェイプアップにおいて、有酸素運動の他にも筋肉をつけて脂肪燃焼:交替をよくする目論みがありますね。
「四六時中ベンチ圧迫~!」「腹筋100回10パックは欠かさず!」と、張り切りまくって要る方も多いと思います。
しかしそれは、逆に筋力のダウンに追い込んでいるのかもしれません。

筋力講義をすればほぼ必然的に筋肉痛が起こりますね。
こういう筋肉痛、ただ痛がってる!としてお構いなしにその部位の講義を四六時中やってしまう方もいらっしゃる。

筋肉痛は、傷ついた筋力を修復しているため、あるイベントだ。
元来筋力伸びの仕掛は、こういう蘇生が前回以上の筋力にまで完治仕立て引き上げる「超完治」の体系で成り立っています。
それを知らずに筋肉痛のまま、筋トレを四六時中続ける…
超完治にまで至らないどころか、筋力が落ちてしまいます。

それでも筋力アップしたい!どうすればいいか?
上記を踏まえたうえでなら、とても簡単な話です。休めばいいのです。筋肉痛が終えるまで。
筋肉痛終了のリクエストは同時に、超完治完了のリクエストでもあります。
講義前よりも筋力がアップしている目覚ましですね。
そのシンボルがあって取り掛かり、その部位の筋トレを再始動ください。
こういう繰り返しで筋力は増大していきます。

それでもこういう部位の講義がしたい!どうすればいいのか。
…おとなしく有酸素運動を通していたほうが、シェイプアップチックに結果が見られるのではないかと思います。
休むことも実は講義だったりします。
休んでいる間は食事と熟睡日数について見直してみるといいでしょう。
規則正しいくらしと食事内容。これもシェイプアップとして欠かせないファクターの一つですからね。

筋力講義はとても辛いです。大変です。
でも、その先に待っている自分の外見を想像してみると、辛さも元気に変わってきます。
シェイプアップも同じく。スマートな自己を想像してみると食欲ムシャクシャの扇動がニーズへと変わっていきます。

だめせず且つ自分に厳しく、シェイプアップを進めていきましょう。池袋で脱毛!~アリシアクリニック池袋編~